ベートーヴェンクイズ 上級編

2020年はベートーヴェン生誕250周年の記念の年です。ベートーヴェン・メモリアル・イヤーとして、OTOMAMIREでもベートーヴェンの事をもっと知って貰おうと考え、ベートーヴェンクイズ(上級編)を実施する事にしました。上級者向けなのでそこそこ難しい問題にしてあります。

ベートーヴェンはクラシック音楽の流れを決定的に変えた人物です。今年はベートーヴェンについて色々調べたり、彼の今までに聴いた事のない楽曲を聴いてみたり、我々クラシック・ファンもベートーヴェン・イヤーにしましょう。そのとっかっかりとしてこのクイズを利用してください。

上級編なので少し手こずるかも!
全問正解はなかなか難しいぞ!

問題1

ベートーヴェンが最初に師事した人物は誰でしょうか?

①ハイドン
②ネーフェ
③ヘンデル
④リース

問題1:答え
② ネーフェが正解です。11歳でネーフェに師事し、多くの事を学びました。

問題2

ベートーヴェンの作品番号1番(Op.1-1)は何という楽曲でしょうか?

①ピアノ三重奏曲第1番
②弦楽三重奏曲第1番
③チェロソナタ第1番
④ピアノソナタ第1番

問題2:答え
① ピアノ三重奏曲第1番が正解です。ベートーヴェンが自信を持って付けた作品番号1です。

問題3

『交響曲第3番』の総譜の表紙のタイトルはペンで消されて「シンフォニア・エロイカ」と改題されてます。元のタイトルは何だったでしょうか?

①ボナパルト
②ロプコヴィッツ
③ラズモフスキー
④ルドルフ

問題3:答え
① ボナパルトが正解です。ナポレオンのファーストネームです。皇帝即位の知らせを聞いて激怒し書き直しました。

問題4

『ピアノソナタ第14番』が「月光」と呼ばれるようになったきっかけを作った人物は誰でしょうか?

①アイヒェンドルフ
②ヴィーラント
③ゲーテ
④レルシュタープ

問題4:答え
④ レルシュタープが正解です。彼はドイツの詩人で、第1楽章を「スイスのルツェルン湖の月光の波に揺らぐ小舟のよう」と表現した事から「月光」と呼ばれるようになりました。

問題5

弟子のツェルニーが初めてベートーヴェンに会った時に彼はどう思ったでしょうか?

①ガリバーみたい
②アレキサンダー大王みたい
③ロビンソン・クルーソーみたい
④キリストみたい

問題5:答え
③ ロビンソン・クルーソーみたいが正解です。黒髪が頭の周りでモジャモジャ逆立っていたのでそう思ったそうです。

問題6

ベートーヴェンが憧れのモーツァルトと会ったのは何歳の時でしょうか?

①15歳
②17歳
③20歳
④22歳

問題6:答え
② 17歳が正解です。1787年ベートーヴェン17歳の時でした。彼はモーツァルトに弟子入りしたかったのですが叶いませんでした。

問題7

『交響曲第7番』を聴いて作曲家ウェーバーは何と言ったでしょうか?

①ベートーヴェンは精神病院行きだ
②ベートーヴェンは夢遊病患者だ
③ベートーヴェンが踊っているようだ
④ベートーヴェンは音楽を分かっていない

問題7:答え
① ベートーヴェンは精神病院行きだが正解です。ウェーバーはこの曲を評価しなかった作曲家の一人です。

問題8

ベートーヴェンの死因は何だったでしょうか?

①心臓病
②胃潰瘍
③肝硬変
④腸カタル

問題8:答え
③ 肝硬変です。1827年3月26日に56歳で亡くなりました。

問題9

ベートーヴェンは恋多き男性でした。30歳のときに恋をしたジュリエッタ・グイチャルディに捧げた楽曲は何だったでしょうか?

①ピアノソナタ第23番「熱情」
②ピアノソナタ第14番「月光」
③ピアノソナタ第8番「悲愴」
④ピアノソナタ第17番「テンペスト」

問題9:答え
② ピアノソナタ第14番「月光」が正解です。伯爵令嬢ジュリエッタ・グイチャルディは「不滅の恋人」ではなかったかとの説もあります。

問題10

最後は全く違った観点からの出題です。ベートーヴェンが生きた時代、日本では徳川幕府が国を治めていました。第何代将軍の頃だったでしょうか?

①第4第家綱~第5代綱吉の時代
②第6代家宣~第7代家継の時代
③第8代吉宗~第9代家重の時代
④第10代家治~第11代家斉の時代

問題10:答え
④ 第10代家治~第11代家斉の時代が正解です。ベートーヴェンは1770年~1827年ですから、元号でいえばほぼ天明の時代です。田沼意次や松平定信が活躍した時代でした。
上級編ですので全問正解は難しかったかも!
吾輩のファンであれば知っていて欲しい知識だ!

まとめ

ベートーヴェンクイズ(上級編)は如何だったでしょうか。広く浅くベートーヴェンについての基礎知識を知って貰おうと思って問題を作りましたが、上級者編にしては難問が少なかったかもしれませんね。こうした雑学によって、よりベートーヴェンを知って貰えたら幸いです。

ベートーヴェンクイズは以下の2種類もあります。興味のある方はこちらにも挑戦してください。
『ベートーヴェンクイズ10問【入門編】』はこちら
『ベートーヴェンクイズ10問【中級編】』はこちら

関連記事