クラシック音楽・オーケストラの総合情報サイト

壇上のピアノ

初めてクラシックコンサートに行く場合、必ず質問されるのが服装やドレスコードについて。お子さんの発表会に何を着ればいいのかと悩む保護者の方も非常に多いです。でも実はほとんどのクラシックコンサートでドレスコードなんてものは存在しないのです。

クラシックコンサートと聞くと、敷居の高いイメージが強く、身構えてしまう方がほとんどです。でもクラシックのコンサートはもっと気軽に音楽を楽しめる場所である事を知っていただきたいと思います。服装が自由と言っても当然マナーやコンサートに相応しい服装は存在します。

そこで今回はクラシックコンサートに行く際の注意点や、服装のマナーなどをご紹介していきたいと思います。何度もクラシックコンサートに行っている人でも意外とわかっていない事も多いのでぜひ、しっかりと把握してから素晴らしい音楽の世界へと足をお運び下さい。

クラシックコンサートは服装自由が基本

クラシックコンサートの服装
クラシックと聞くと、ほとんどの人がドレスや燕尾服で正装に身を包んだ人で賑わうコンサートホールをイメージします。しかしこの考え方、実は間違いなのです!冒頭でも述べた通り、ほとんどのコンサートはドレスコードがなく、基本的に自由な服装で演奏を楽しむ事ができます。

しかしルールが無い事でかえってどんな服装で行けばいいのか悩まれる方が多いです。ジーンズはOK?サンダルは?男女共に悩むポイントだと思います。そしてもちろん厳格なドレスコードが敷かれたクラシックコンサートも少なからず存在しますので、TPOに合わせた服装を紹介して行こうと思います。


クラシックコンサートに適した服装とは

クラシックコンサートに適した服装
特別なコンサートを除き、ほとんどのクラシックコンサートは私服でまったく問題ありません。ドレスコードはなく、自由な服装でOKとは言えあまりだらしない服装は良くありません。余程周りを不快にさせるような服装で行かない限りホール側に止められる事はありませんが、ホール内で浮いてしまい、恥ずかしい思いをしてしまう可能性はあります。

不安な方は好きな異性との初デートに着ていく服装をイメージしながら、下記の3ポイントをクリアしていればまったく問題ありません。

  1. 清潔感がある
  2. 派手すぎない
  3. きちんとしている

クラシックコンサートでNGな服装とは

スウェットの男女
最近では高級レストランでもジーンズ姿で食事を楽しめるお店ばかりです。クラシックコンサートも同様に、ジーンズ姿でもまったく問題ありません。しかし当然NGな服装も存在します。せっかくオシャレに着飾ってもクラシックコンサートではNGな服装を紹介します。

音の出る服装やアクセサリーはNG

オーケストラの素晴らしい音楽を聴きに行くので、演奏を邪魔してしまう音の出る服装には気を付けましょう!クラシックコンサートは数時間の公演が多く、知らず知らずに態勢を変えたりして衣服などが擦れたりする事があります。その際にジャラジャラとアクセサリーを身に着けていたり、シャカシャカと音の出る服を着用していると演奏者や観客の集中を妨げてしまう恐れがあります。

演奏中の帽子はNG

オシャレな帽子やハットであっても演奏中はNGです。ニット帽のような、後ろの人に迷惑のかからない帽子であっても控える事をおすすめします。帽子を着用していると観客の視界を妨げたり、少なからず不快な想いをさせてしまう恐れがあります。クラシックを聴く時のマナーとして、コンサートホールに入ったら帽子は脱ぎましょう。


露出度の高い服装はNG

女性の方が特に気を使わなければならないポイントですが、胸元が大きく開いたドレスなどは一般的なクラシックコンサートでは着用しない方がベターです。ドレス着用のドレスコードがあるコンサートであればさほど気になりませんが、あくまでオーケストラの演奏を楽しむ場所なので、なるべく注目を集めてしまうようなセクシーな服装は避ける事をおすすめします。

派手な服装もNG

上記と同じ理由ですが、あまりに派手な服装は避けると良いでしょう。視覚的に邪魔をしてしまうような原色系のコーディネートなどはクラシックコンサートに不向きです。あくまでもスタンダードに、周りに溶け込めるような服装を意識した方がクラシックコンサートでは無難です。

スウェットはNG

スポーティー系の服装が流行した事でオシャレに着こなすスウェットアイテムも非常に増えましたが、クラシックコンサートの客層は年配の方が多いので無難にスウェットを着ないで行く方が間違いありません。しかしスウェット素材のスーツなども最近では見かけるので、見た目的にフォーマルであれば問題ないです。

香水は控えめに

服装とはあまり関係ないですが、香水などにも注意が必要です。香水の香りがきついとまわりの観客にも迷惑なので香水をつけていく場合は本当に注意が必要です。自分自身では軽くつけたと思っていても、コンサートホールという密閉空間では想像以上に香水の香りが強烈に感じてしまいます。

クラシックコンサートの服装【男性編】

シャツ
基本的な服装のマナーや、NGな服装を踏まえたうえで、男性がクラシックコンサートに行く時は襟付きのシャツを着るのが最も無難で間違いありません。会社帰りにスーツ姿で行くのもまったく問題ありませんが、あまりヨレヨレ・ダボダボのスーツだとカッコよくないのであまりおすすめしません。

私はジーンズにポロシャツでコンサートに行く事が多いです。東京コンサートホールランキングTOP10の上位に位置する立派なホールの場合はジャケットを羽織ったりもします。クラシックコンサートのシーズンは9月から翌年の6月ぐらいまでなので、寒い時期はコートやダウンなどの重衣料を着ている事がほとんどです。その場合はクロークに預けておくとスマートです。

クラシックコンサートの服装【女性編】

コンサート用の女性服
女性の場合は、少し気合いを入れたデートの時の服装をイメージするとわかりやすいです。一番間違いないのはキレイ目なワンピースです。カジュアル過ぎず、大人の女性のオシャレを心掛けるのがベストです。ただし結婚式に参列する時ぐらい気合いを入れてしまうと一般的なコンサートだと浮いてしまうので気を付けましょう。

ワンピースがおすすめですが、もちろんパンツスタイルでも問題ありません。一緒に行く相手が同性であればパンツスタイル、異性の場合は男性側もそれなりにオシャレをしてくるので、相手の服装などを聞いて、合わせてあげるとスマートです。

クラシックコンサートに持参すると便利なもの

クラシックコンサートに持参すると便利なもの
クラシック音楽への情熱と一緒にチケットさえ持っていれば演奏を聴く事はできます。しかし、せっかくなら快適な時間を過ごして頂きたいので、持っていくと便利なものを5つ紹介したいと思います。


オペラグラス

クラシックコンサートは耳で楽しむものなので必要ないと考える方も多いですが、有名オーケストラのコンサートだったり、お目当ての演奏家がいる場合はオペラグラスを持参すると良いと思います。ずっとオペラグラスを覗いているのは微妙ですが、プラスアルファとして非常に重宝します。ホールによっては貸出しもしてくれます。

冷房対策グッズ

コンサートホールは冷房が効いていて肌寒いと感じる人が多いです。数時間じっと席に座っているので、さらっと羽織れるショールやストールを持っていくと便利です。寒すぎると演奏に集中なんてとてもできないので、冷房対策は男女共に必須だと思います。

のど飴

会場内は乾燥している事も多いので、のど飴を持参する事をおすすめします。演奏中は咳払いなどできる雰囲気ではないので、事前に対策しておくと良いと思います。私は必ず何種類かのど飴を持参するのですが、特に冬場は同行者に非常に喜ばれます。

A4サイズが入るバッグ

男性の方は手ぶらが多いですし、女性の方も最近では小さなバッグを持っている事が多いです。しかしホール内でもらうチラシやプログラムなどが100枚近い講演もあります。席にあまり大きな荷物を持ち込むのはマナー違反ですが、チラシなどを入れられるバッグを持参するとスマートです。

ペンと色紙

初めてのクラシックコンサートでサインをもらおうと考える人は少ないかもしれませんが、出待ちをすればほぼ確実にサインをもらう事ができます。お目当てのオーケストラの講演のチケットが取れたのなら、せっかくなので一流演奏家のサインをもらっちゃいましょう!

ガラコンサートの服装

ガラコンサートの服装
基本的にクラシックコンサートは服装自由ですが、例外と言えるのがガラコンサート(gala concert)です。クラシックコンサートの中で最も華やかな催しで「特別公演」「記念演奏会」「祝賀音楽会」などと呼ばれる非常に豪華なコンサートを意味します。

ガラコンサートには厳格なドレスコードがあり、チケット料金も非常に高額です!数万円なんて当たり前な特別なコンサートです。コンサートというよりパーティーに近いと思います。そんな最も華やかなコンサートに行くことになったら完璧に着飾って参加しましょう!!


ガラコンサートのドレスコード

ガラコンサートに行かれる場合のドレスコードはただ一つ「正装」です。男性も女性も普段は絶対着ない、完璧なフォーマルファッションを心掛ける必要があります。大人の社交場であるガラコンサートはそれに相応しい立ち振る舞いとドレスアップが必須です。

男性であれば燕尾服またはタキシード、お着物をお召しになられる方もいらっしゃいます。女性の場合はイブニングドレス、カクテルドレス、振袖や留め袖などが一般的です。近しい親族の結婚式に出席する服装を意識するのがわかりやすいかもしれません。

クラシックコンサートでのNG行動とは

ハイヒールをはく女性の足
クラシックコンサートに行く場合、服装のマナーに気を遣う人は多いのですが、意外と立ち振る舞いに関しては意識が行き届かない方が多いです。そのためぜひコンサートに行かれる前には必ずホール内で絶対にやってはいけないNG行動を把握しましょう。

コンビニ袋は絶対NG

バッグの中にコンビニでもらったビニール袋は入っていませんか?静かな会場内ではカシャカシャとビニール袋の音が鳴り響いてしまうので、マナーとして絶対に持ち込まないようにしましょう!

ヒールの音に気を付けて!

ヒールで歩く時にどうしても出てしまう音ですが、注意が必要です。当日履いていくヒールを確認し、ゴムが取れかかっていたらしっかりとお直しに出しましょう。そして女性だけでなく、男性も革靴を着用している場合はあまりコツコツと音がしないように慎重に歩く事を心掛けましょう。

暑くても扇子は控えて!

ホール内で扇子で仰いでる方がいらっしゃいます。たしかに音がうるさいわけでもないので、問題なさそうですが、パタパタと仰いでいると非常に視界に入り、気分を害す人も多いので、着席したら扇子はしまうようにした方が無難です。

クラシックコンサートの前に予習は必須

バイオリンと楽譜
クラシックコンサートの服装は本当にジーンズにTシャツでも問題ありません。しかし服装よりも大切なのは予習をする事です。よくクラシックコンサート中に寝ている方がいますが、居眠りの原因はクラシックという音楽に関する知識が少なく、演奏の内容もわからずつまらないからです。

クラシックに限った事ではありませんが、しっかりと事前に公演内容を把握し、予習しておく事が大切です。そうする事で眠くなるどころか、クラシックコンサートを何倍も楽しむ事ができるようになります!初めて行かれる方は絶対に予習をしてから演奏を聴きに行ってくださいね!

まとめ

いかがだったでしょうか?クラシックのコンサートと言っても意外と服装の縛りはあまりないのです。キレイ目なカジュアスタイルであればまったく問題ありません。しっかりとオシャレをして、一流音楽家の奏でる美しい音色にぜひ酔いしれてください。

慣れてさえしまえばクラシック音楽は本当に気軽に楽しめる素晴らしい芸術です。敷居が高いと感じる人も多いかと思いますが、一度クラシックコンサートの感動を味わってみてください!きっとクラシックの世界観にはまると思います!

関連記事