flutist

フルートの音色は優しくて抒情的であり、とても魅力的な楽器です。フルートの魅力的な音色を完璧に自分のものにして、世界中を魅了したフルーティスト10人を厳選して選んでみました。ここに挙げた10人はフルート界で名を成した著名なる人物たちです。

現在使われているフルートは、フランスで発展したため、フランス人の名フルート奏者が多くいます。しかし、オーケストラの中で重要な楽器として取り上げられるようになったため、フランスに限らず、世界中にフルートの名プレイヤーが存在するようになりました。

ランキングの基準は、今まで私自身が聴いてきた録音の中で、フルートのテクニックの高さ及び音楽性の素晴らしさを持つ奏者としています。順位を付けるのは難しい事でしたが、順位に拘らずにここに挙げた10人を称賛していただければ嬉しいです。

第10位 デニス・ブリアコフ

デニス・ブリアコフ
名前:Denis Bouriakov
生年月日:1981年10月25日
最終学歴:英国王立音楽院
出身国:ロシア

ビッグオーケストラの首席奏者

1998年、コンチェルティーノ・プラガ国際コンクール1位、2002年、カール・ニールセン国際フルートコンクール2位、2003年、レオナルド・デ・ロレンツォ国際フルートコンクール2位(1位なし)、2005年ジャン=ピエール・ランパル国際フルートコンクール2位などの経歴を持っています。

フィルハーモニア管弦楽団、フランクフルト放送交響楽団、メトロポリタン歌劇場管弦楽団の首席フルート奏者などを経験し、現在はロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者となっています。今後も期待できるフルート奏者の一人です。

第9位 エミリー・バイノン

エミリー・バイノン
名前:Emily Beynon
生年月日:1969年
最終学歴:英国王立音楽大学
出身国:イギリス

名門ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団首席

BBCウェールズ交響楽団、BBC交響楽団等のオーケストラで首席奏者を務めた後、1995年2月から、名門ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席奏者となっています。度々来日しており、日本でも人気の高いフルート奏者です。マスタークラスなども開いた事があります。

現在はハーグ王立音楽院で教鞭をとるなど、指導者としてもその活躍の場を広げています。また、ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団の首席ハープ奏者の妹のカトリーヌ・バイノンと「フルート・ミステリー」などの曲も発表しています。

第8位 ウィリアム・ベネット

ウィリアム・ベネット
名前:William Bennett
生年月日:1936年2月7日
最終学歴:ギルドホール音楽演劇学校
出身国:イギリス

現在のフルート標準モデルを作った人物

ロンドン交響楽団、アカデミー室内管弦楽団やイギリス室内管弦楽団ほか多くのオーケストラの首席奏者を歴任しました。これまで世に出た多くのフルーティストの養成にも貢献、また楽器の性能改善など演奏以外の部分でも尽力している人物です。

イギリスのメーカーと共同して音程を改善した「ベネット・クーパー・スケール」は、現在では世界的なフルートの標準となっています。これら音楽への貢献を認められ、1995年には女王エリザベス2世より名誉大英勲章第4位(O.B.E)を授与されています。

第7位 パトリック・ガロワ

パトリック・ガロワ
名前:Patrick Gallois
生年月日:1956年4月17日
最終学歴:パリ音楽院
出身国:フランス

フルート奏者と指揮者の二刀流

パリ音楽院でランパルらに学び、リール・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者を経て、1977年に21歳でフランス国立管弦楽団の首席フルート奏者になりました。1984年にオーケストラを退団し、ソリストとして各地の著名オーケストラと共演しています。

近年は指揮者としての活動も増えてきました。自らフルートを吹き、指揮をする事もあります。室内楽の演奏でも活躍しています。バロックから現代音楽までレパートリーは広く、ドイツ・グラモフォンやナクソスなどに多くの録音があります。

第6位 エマニュエル・パユ

エマニュエル・パユ
名前:Emmanuel Pahud
生年月日:1970年1月27日
最終学歴:パリ音楽院
出身国:スイス

ベルリン・フィルを支えるフルーティスト

1988年、ドゥイノ国際コンクール第1位。1989年、第2回神戸国際フルートコンクール第1位。1992年、ジュネーヴ国際音楽コンクール第1位。1989年から1992年までバーゼル放送交響楽団首席奏者。1993年9月からベルリン・フィル首席奏者(2000年から2002年は一時退団)。

ベルリン・フィルを支えるフルーティストとして有名です。ソロ活動も活発で、何度も来日してその名人芸を披露しています。録音にも積極的で、今までに数多くの楽曲をリリースしています。年間150曲を演奏したいと意欲満々な、脂の乗ったフルーティストです。

第5位 カールハインツ・ツェラー

カールハインツ・ツェラー
名前:Karlheinz Zöller
生年月日:1928年8月24日 – 2005年7月29日
最終学歴:フランクフルト音楽大学
出身国:ドイツ

カラヤンの信頼を勝ち取ったフルーティスト

1960年から1969年までと1975年から1993年まで、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席フルート奏者を務めました。教育者としても有名で、ベルリン音楽大学、ハンブルク音楽大学、ベルリン芸術大学教授で後進の指導に当たりました。

ベルリン・フィルでカラヤンの信頼を勝ち取ったフルート奏者でもあります。当然、ベルリン・フィルでの録音は多数ありますが、ソリストとしての録音もソロやアンサンブルでバロックから現代音楽まで幅広いものがあります。何度もソリストとして来日しています。

第4位 マルセル・モイーズ

マルセル・モイーズ
名前:Marcel Moyse
生年月日:1889年5月17日~1984年11月1日
最終学歴:パリ音楽院
出身国:フランス

20世紀最大のフルーティスト

現代フルート奏法の確立者として神格化された存在であり、現代のフルート界に計り知れぬ影響を与えました。1932年から1940年までパリ国立音楽院の教授。その後1946年から1948年までジュネーヴのコンセルヴァトワールの教授を務めました。

教育者としても有名で、教え子にはウィリアム・ベネット、トレヴァー・ワイ、オーレル・ニコレら著名なフルーティストがいます。練習用教本を数多く書き、それらは今なお多くの人々に愛用されている貴重な教材です。20世紀最大のフルート奏者の1人。

第3位 オーレル・ニコレ

オーレル・ニコレ
名前:Aurèle Nicolet
生年月日:1926年1月22日~2016年1月29日
最終学歴:パリ音楽院
出身国:スイス

フルートの神様

1948年、ジュネーブ国際コンクールで第1位。フルトヴェングラーに嘱望されて、1950年から1959年までベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席フルート奏者を務めました。退団後は1965年までベルリン音楽大学の教授を務め後進の指導にあたりながら、ソロとして活動を行いました。

フルトヴェングラーに望まれてのベルリン・フィル入団とはかなりの才能の持ち主だったのですね。カラヤンとゴールウェイとの関係に似たものがあったようです。ソリストとしては暖かいトーンと作品の内面に深く切り込んだ演奏で現代最高のフルート奏者と言われました。

フルートの奏法では循環呼吸(息継ぎなしで演奏し続ける技術)の草分けの1人で、彼はオーボエの名手ハインツ・ホリガーからこの技術を学びました。教育者としても優秀で、その門下からはエマニュエル・パユ、イレーナ・グラフェナウアーなど多くのフルート奏者を輩出しています。

第2位 ジェームズ・ゴールウェイ

ジェームズ・ゴールウェイ
名前:Sir James Galway
生年月日:1939年12月8日
最終学歴:パリ音楽院
出身国:イギリス

黄金のフートを持つ男

「黄金のフルートを持つ男」という通称で知られ、ソリストとして数々の名声を欲しいがままにした生きる伝説です。1979年に英国のエリザベス2世から大英帝国勲章を、2001年にはナイトの称号を授かっています。現在最高のフルート奏者の一人です。

ロンドン交響楽団やロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団を経て、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団に入団し、それぞれで首席フルート奏者として活躍しました。カラヤンが愛したフルーティストでしたが、突然の辞任でカラヤンを驚かせました。

独特の音色、すぐれた音楽感覚、目もくらむような名人芸などによって、彼は現代において最も尊敬を集めるフルーティストになりました。古典の曲目の並ぶもののない解釈者として、また、そのカリスマ的魅力によってあらゆる音楽の国境を越える最高のエンターテイナーです。

第1位 ジャン=ピエール・ランパル

rampal
名前:Jean-Pierre Rampal
生年月日:1922年1月7日~2000年5月20日
最終学歴:パリ音楽院
出身国:フランス

フルートという楽器をメジャーにした天才

1947年、ジュネーブ国際コンクールで優勝。1956年、パリ・オペラ座管弦楽団の首席奏者。1962年に退団後はソリストとして活躍。フランス最高のフルート奏者として絶賛を浴びてきました。20世紀の最も偉大なフルート奏者と言っても過言ではありません。

フルートという楽器を、ピアノや弦楽器と同じようにソロとしての鑑賞にも値するものとして、聴衆に認識させた立役者です。世界各地での演奏旅行を行うと共に、パリ・バロック合奏団なども組織した人物でもあります。忘れられたバロック音楽を発掘し、上演してきた事でも有名です。

彼の数々功績に報い、パリでは彼の名前が付いた「ジャン=ピエール・ランパル国際フルートコンクール」が開催されるなど、今なお愛されるフルーティストの1人です。暖かくスケールの大きな演奏で魅了しました。来日は25回を数え、親日家としても有名でした。

まとめ

10人のフルーティストを紹介してきました。中でもTOP3は20世紀最高のフルーティストとして、多くの方が納得してくれるのではないかと思っています。フルート自体が人気のある楽器ですので、フルート単独の名曲がもっとあれば、良かったのですが。

偉大なる作曲家が活躍していた時代の木管楽器はなかなか日が当たる存在ではなかったので、とても残念に思います。たまには、『フルートとハープのための協奏曲』以外にも、フルート単独の曲を聴いてみましょう。

関連記事

  • 東京コンサートホールランキングTOP10【東京No.1は日本一のホール】

    東京に数多く存在するコンサートホールの中でも超一流のクラシック音楽を奏でるオーケストラ、ベルリン・フィルやウィーン・フィルを聴くなら当然会場も最高峰の音を響かせるコンサートホールで聴きたい!!そう思っ

    2019.07.16 18592 otomamire

  • 中村紘子の華麗なる人生と功績

    2016年7月26日、世界を照らしていた灯かりのひとつが消えました。日本クラシック音楽界を照らし続けた天才ピアニスト中村紘子が72歳、大腸がんで亡くなりました。彼女が病気で入院するというニュースは知っ

    2019.07.23 4116 otomamire

  • 歴代最高の指揮者は誰か【20世紀巨匠たちのランキング】

    歴代最高の指揮者は誰か?クラシック音楽に興味を持つ方なら必ず一度は考えた事があると思います。20世紀前半から活躍した指揮者が次々と頭をよぎって行く事でしょう。トスカニーニ、フルトヴェングラー、ワルター

    2020.04.10 838 otomamire

  • 辻井伸行【世界が絶賛する盲目のピアニスト】

    辻井伸行は世界中から注目を集める盲目の天才ピアニストです。2009年6月、アメリカで開催された、若手ピアニストの登竜門として知られる「ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」で日本人として初の優勝

    2019.10.17 1814 otomamire

  • 日本のオーケストラ平均年収ランキング

    人様の懐具合を気にするのは良くない事と知りつつも、日本のオーケストラ楽員の年収はどんなものなのかと皆さん興味を持たれていると思います。巷間言われているように、本当に日本のオーケストラの年収は低いのかど

    2020.01.14 5342 otomamire

  • ピアニストランキングTOP30【世界一流のピアニスト】

    ピアニストは世の中に星の数ほど存在します。何十年もクラシックファンをやっていると聴いてきたピアニスト達も数多くなってきました。何百回とホールに足を運んできましたが、一流だからと言って全てのピアニストが

    2019.07.22 39022 otomamire