クラシック音楽・オーケストラの総合情報サイト

カリーナ・カネラキス 女性指揮者

女性指揮者は現在でも少数派ですが、めきめきと実力を発揮してきた実力派指揮者が、カリーナ・カネラキスです。現在はオランダ放送フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者の座にあります。そして、ベルリン放送交響楽団の首席客演指揮者としての活動も始まったそうです。

そして、2019年のシーズンからはパリ管弦楽団の首席指揮者に就任します。女性指揮者として、このポジションに就く事がいかに大変だったか、その苦労は並大抵ではなかったと思います。何よりも彼女の才能が優れていた結果なのでしょう。

少しずつ女性指揮者の活躍は始まっていますが、カリーナ・カネラキスのように世界的に有名なパリ管弦楽団の首席指揮者に付けるのは、そう多くはありません。女性指揮者として一歩先を行く、カリーナ・カネラキスを紹介したいと思います。

カリーナ・カネラキス、略歴

カリーナ・カネラキス 女性指揮者
カリーナ・カネラキスは、ニューヨークの家庭に生まれ、父親は指揮者、母親はピアニスト、弟はチェロを弾き、自身はヴァイオリンを演奏する音楽一家でした。しかし、最初は指揮には興味がなかったそうです。ヴァイオリニストとしてプロになろうと思っていたそうです。

しかし、ベルリン・フィルのオーケストラアカデミーでベルリン・フィルと一緒に演奏した経験から、自分が音を出さないで音楽を奏でることに興味を持ち、指揮者への道を志しました。その時、ベルリン・フィルの芸術監督サイモン・ラトルに背中を押されたそうです。

カネラキスはヴァイオリンの演奏を続けながら、ニューヨークのジュリアード音楽院の指揮科に入学。やはりヴァイオリニスト、ヴィオリストから指揮者となったアラン・ギルバートらに師事します。ジュリアード音楽院にすぐに入学出来るのですから、元々才能のある方だったのですね。

2016年春に「サー・ゲオルク・ショルティ・コンダクティング・アワード」(ショルティ財団主催)を受賞。ロンドンの大手音楽マネジメント会社アスコナス・ホルトと契約。2017年のプロデビュー以降、各地のオーケストラに招待され、現在の地位を作りました。

2019年プロミス大成功

世界最大規模の音楽祭BBCプロムス(プロムナードコンサート)2019のオープニング(“The First Night of the Proms„と銘打たれる初日公演)に抜擢され、BBC交響楽団、BBCシンガーズとともにヤナーチェクの『グラゴル・ミサ』を演奏し、喝采をあびました。

BBCプロムスのオープニングに招待される指揮者は、とても限られており、非常に名誉な事です。そこに招待されて、素晴らしい演奏を奏で、この音楽祭を華々しくオープニングさせた事は、性別を超えて、一指揮者として正当に評価された証です。

指揮者・カリーナ・カネラキス

黒いパンツスタイルのスーツを着て、髪を1つに束ねたカリーナ・カネラキスは、颯爽と舞台に登場してきます。美人なのにまずびっくり。この女性がどんな音楽を作り出すのだろうと興味新々です。さっと、腕を上げ、指揮棒を振り下ろす様はカッコイイの言葉がピッタリ。

カリーナ・カネラキスの指揮ぶりは、全身を使ったしなやかな動きが特徴的です。なかなか豪快な所もあり、オーケストラにとって分かり易い指揮をしています。可憐な雰囲気とは異なり、彼女の創り出す音響は、シャープな切れ味を感じさせます。音楽的強さも伝わって来ます。

今後のカリーナ・カネラキス

カリーナ・カネラキスが主席指揮者を務めるオランダ放送フィルハーモニー管弦楽団はもとより、パリ管弦楽団の首席指揮者に就任し、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団、サンフランシスコ交響楽団、チューリヒ歌劇場などとの公演が決まっており、期待が高まります。

出来るなら日本でのオーケストラ公演に期待したいところですが、いつになるか楽しみでもあります。これだけ、世界的に有名になりましたから、早く日本でのデビューコンサートが聴きたいものです。オジサンは首を長くして待っています。

まとめ

今後期待の持てる逸材が出てきました。女性指揮者というだけで、実力とは関係なく、色眼鏡で見ている人も多いと思われますから、そんな事を払拭するような活躍を期待しています。女性ならではの表現力という物もあるはずです。上手く使いこなしてほしいと思います。

指揮者としては、まだまだ、若いですから、どう変わっていくのか、非常に楽しみです。世界的に見ても、小澤征爾クラスの指揮者は引退の時期を迎えます。その後を担ってくれるような指揮者を皆、待ち望んでいます。その点でもカリーナ・カネラキスを応援していきたいです。

関連記事

  • ジュリアード音楽院【世界一の音楽大学】

    世界一の音楽大学といえば真っ先に思い浮かぶのが「ジュリアード音楽院」です。ジュリアードの卒業生達はとにかくビッグネームばかりで、クラシック界の重鎮から若手まであらゆる層で活躍している超豪華な面々です。

    2019.08.01 4382 otomamire

  • チェリストランキングTOP5【世界一流のチェリスト】

    華やかなバイオリンやピアノと違い、チェロが際立って目立つ事はありません。チェリストの巨匠と言える人たちのほとんどが亡くなり、本当に世界的チェリストは数少なくなってきてしまいました。だからこそクラシック

    2019.07.25 6871 otomamire

  • 左手のピアニストに喝采【世界が絶賛するピアニストたち】

    世界には多くの左手のピアニストがいる事をご存知でしょうか。怪我や病気で右手が使えなくなってしまったピアニストの為の音楽も増えました。左手のプロピアニストも多く誕生し、現在では国際コンクールが開かれるほ

    2019.07.28 641 otomamire

  • 指揮者ランキングTOP30【世界一流の指揮者】

    音楽家でありながら、自身は全く音を出さない「指揮者」というポジションはクラシック音楽好きでないと理解してもらえないかもしれません。しかし、同じ曲を振っても指揮者によって全てが違って聴こえてしまう。同じ

    2019.07.26 18016 otomamire

  • アルトゥーロ・トスカニーニ【不滅の大指揮者】

    アルトゥーロ・トスカニーニという指揮者を知っていますか。20世紀初期から半ばに活躍した偉大なる指揮者で、ブルーノ・ワルター、ウィルヘルム・フルトヴェングラーと同時期に活躍しました。いつの間にか、この3

    2019.11.11 291 otomamire

  • ジェシー・ノーマン【歴史的歌姫】

    世界でも最高のソプラノ歌手として名高いジェシー・ノーマンの魅力は、なんといってもその声量、パワフルさにあります。それに声質もどのソプラノ歌手とも違う独特のものを持っています。良いことずくめの現代の歌姫

    2019.10.31 262 otomamire