クラシック音楽・オーケストラの総合情報サイト

海外のビジネスマン

クラシック音楽は海外だけでなく、日本の日常にも溢れています。普段行くカフェやレストラン、テレビなどでも実は多くのクラシック曲が使われています。クラシックを始めとする芸術的分野はグローバルなビジネスパーソンを目指す上で必ず身に着けたいものです。

海外では多くの経営者や一流ビジネスマンがクラシック音楽に精通しています。それはなぜか、クラシック音楽が世界共通の芸術として認知されており、国境を越えて愛される音楽だからです。そのため知識と教養として身に着けている方がほとんどなのです。

ニューヨークで仕事をするならヤンキースを知らなければならないように、クラシック音楽に精通するという事はグローバル人材として、当然であり、必須の知識・教養と言えます。成功者の多くがクラシック音楽に精通している訳などを紹介していきたいと思います。

成功者がクラシック音楽に精通する訳

海外のビジネスマン
世界の超一流企業のエグゼクティブたちは皆クラシック音楽という教養を身に着けています。ランチをする時や、日常会話をする時、一流のビジネスパーソンは常識と言わんばかりにクラシックの話題を話します。欧米では音楽に精通している事は至極当たり前と考えるのです。

クラシックを語れないことは教養のない人間であると判断されてしまい、一流のビジネスパーソンの信頼を勝ち取ることは不可能と言えます。自分の大切な資産を知識や教養のない人間に任せたくないと考えるのは海外だけでなく日本も同じ事ではないでしょうか。

それぐらい海外では歴史的な芸術を重要視しており、成功者になる為の必須スキルと言えます。知識と教養を深め「人間的な厚み」を持っているか否かが一流と二流を分けるという事です。

日本でクラシック知識は必要か

佐渡裕
海外では当たり前かもしれないけど日本ではクラシックなんて必要ないのでは?と考える人も多くいると思います。自分は外資系に努めているわけでもないし、そんな知識は無用だとクラシック音楽を切って捨てる人も大勢います。果たしてその考えは正しいのでしょうか?

日本国内におけるクラシックコンサートの市場規模は約330億円と言われており、近年流行している野外フェスの市場規模である約290億円を大きく上回っているのです。若者に人気な野外フェスと違い、クラシック音楽は金銭的にも余裕のある富裕層が占めています。

その為、ビジネスにおいては流行を知るよりも何倍もクラシックの知識を身に着けた方が得だと言う事がおわかり頂けたと思います。まだ若い営業マンであれば、尚更クラシックの知識を身に着けておく事で年配のお客様と同じ土俵で会話を成立させる事ができるようになるわけです。

最低限知っておくべきクラシック知識

beethoven
クラシックの歴史は数百年です。一朝一夕でクラシック通になる事は不可能ですが、まずはポイントを抑えるだけで十分な力を発揮してくれます。その上で必ず知っておくべきなのがベートーヴェンです。クラシックに精通していなくても名前を知らない人はいないでしょう。

世界で最も演奏されるクラシックの作曲家の中でも非常に人気の高いベートーヴェンの基礎知識を身に着ければビジネスシーンでも非常に便利です。他のジャンルと違い、クラシックは歴史も古いため、にわかファンでも全く問題ありません。

そもそも年配のクラシック好きは若者にクラシックが人気でない事は承知しているのでクラシックの入り口を勉強しているだけでも非常に好感を持ってもらえるのです。海外のビジネスシーンであれば深い知識を要しますが、日本国内レベルであればまずベートーヴェンを知っていれば十分と言えます。

クラシックコンサートを体験する

壇上のピアノ
クラシックコンサートは敷居が高いと考える人がほとんどですが、実は非常にカジュアルに楽しめる事もクラシック音楽の良さです。海外の有名なオーケストラのコンサートになると数万円は当たり前のプラチナチケットですが、日本の有名オーケストラの公演なら3千円ほどで楽しめます。

自分への投資として様々なセミナーに通う人もいますが、クラシックを生で体験した事のない人は一度コンサートに足を運ぶことをおすすめします。たった一回でも行ってれば、クラシック好きとの話題に困ることはなくなります。

クラシック音楽のコンサートに初めて行かれる方は右も左も分からず分からずドキドキだと思います。そんな時はクラシックコンサートにおけるドレスコードやマナーなどを下記にまとめたのでご覧になってください。

まとめ

クラシック離れが起きているとよく言われていますが、日本は世界的にみても非常に素晴らしいコンサートホールがたくさんあり、海外の一流オーケストラが毎年来日するほど、実はクラシック音楽が盛んな国なのです。

外資系企業に勤める方はもちろん、日本で優秀な成績をあげるビジネスマン・成功者になりたければ、クラシックを聴き、素晴らしい知識と教養のある人間を目指しましょう。

関連記事